09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

studio PADMA

バレエ・ジャズ・エクササイズなど、4歳か、小中高生、社会人、子育てママ、シニア・・・楽しく学べるスタジオです。全国的にもめずらしい、食事・栄養指導もあわせて行っています。詳しくは09028053688フナビキまで!HP http://padmama.jimdo.com/

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

緊急告知!JSAボールエクササイズワークショップ!定員まであと2名! 

定員あと2名です!!

急ではありますが、JSAのワークショップを以下のとおり行います。
定員10名のところ、あと2名となっております。

もし参加希望される方は直接携帯にお電話かメールでお願いします。

11月14日(日) 11時から70分の予定
受講料 1000円(ボールをお持ちでない方はプラス千円で買っていただきます)
パドマチケットお持ちの方、10ポイントです。
場所 スタジオパドマ

JSAボールエクササイズとは?

緊張しきった筋肉をいくら鍛えても効果はとても少なく、ストレッチをいくら行っても筋はほぐれず痛みも軽減できなかった。という経験、お持ちだと思います。

JSAは筋肉ではなく関節包と関節包内にアプローチするエクササイズです。

 身体は200余個ある関節に支持され、筋活動によって運動と静止をしています。すべての関節は関節包という袋に包まれています。この関節包の内面から滑液が分泌され、関節面のすべりを良くしたり、関節軟骨に栄養を供給しています。また、関節包には神経も多くめぐらされており、関節の動いている方向や速度、また静止している位置などの情報を中枢神経に送り、関節の動きを制御(コントロール)しています。

 ですから、この関節包が緊張すると、当然、関節の内部と外部の調節ができず、関節の充分な機能は得られなくなります。関節包の緊張を解かない限り、関節はなめらかに動けないのです。また、相対する関節面は近づけたほうが滑液の働きによってすべりが良くなります。

 しかし、ほとんどの運動は筋力の増大、筋持久力や柔軟性の向上、神経筋の発達、協調性などを狙って、主に筋肉や神経に集中しています。緊張した関節包や関節面相互の動きは無視し、筋力で関節を無理やり動かし、鍛えているのが現状です。

 では、なぜ関節包が緊張してしまうのでしょう?それは主に関節面相互の動き(関節包内)に何らかの支障をきたすからです。これは「関節機能障害」といわれていますが、この関節面相互の動きを整合化することを最近のエクササイズ、たとえばピラティスなどでも目指そうとしています。しかし、先ほども言ったように、あくまで関節包外の筋肉にばかりアプローチしているので、効果は思うように望めません。

JSAは関節包内に直接アプローチするので、関節包をゆるめ、関節面相互の動きをなめらかにする、
つまり整合化するので、驚くほどの身体の軽さが感じられます。同時に痛みが消失もしくは軽減します。

長々と書きましたが、とりあえず、効果は絶大で、即効性があります。

これからもちょくちょくやって行きますので、興味のある方、ご連絡くださいね
スポンサーサイト

category: ブログ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://studiopadma.blog.fc2.com/tb.php/45-4740cd2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

ニュース!!!

メールフォーム

カテゴリ

最新コメント

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。